手足の汗を止める方法!おすすめ制汗剤と自律神経を整えるコツ

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

紙を触ると湿ってしまう、スマホがうまく反応しない、汗が恥かしくて手を繋げない…など、様々な支障をきたす手汗。
そして、靴の中が蒸れたり滑ったり、靴下がべちゃべちゃになる!など、不快感が絶えない足汗。
これらの厄介な汗を止める方法をここではご紹介しています。

 

手足の汗がひどい原因とは

 

そもそもここまでひどい手足の汗の原因は、一体何なのでしょう。

 

自律神経の乱れ

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

私たちには興奮時・緊張時・刺激など精神的ストレスを抱えた時に働く「交感神経」と、リラックス状態・睡眠時・安心感など穏やかな時に働く「副交感神経」、この2つで自律神経が成り立っていますが、手汗や足汗はこの交感神経が活発化している事で、エクリン腺が異常に働き発汗が促進されると考えられます。
(中には元々の体質的に交感神経が優位になりやすい人もいます)
また、自律神経の乱れに加え、暑くもないのに汗が出たり、手の平や足裏の汗だけが異常なのは「局所性多汗症」と呼ばれる部分的な多汗症が疑われ、手は手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)、足は足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)と呼び、これらの原因も自律神経の乱れによるものとされています。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンを分泌する場と自律神経をコントロールする場は同じ脳内の視床下部にあり、体の変化によるホルモンバランスの乱れがあると自律神経にも大きな影響を及ぼします。
特にホルモン分泌に異常が起きやすい成長期の中高生や月経・妊娠を迎える女性・更年期障害の女性は手汗や足汗に悩みやすい傾向にあるのです。

 

手足の汗を止める方法

 

ではそんなひどい手足の汗を止める方法とはどんなものがあるのでしょう。
自律神経に深い関係を持つ手汗・足汗は、自力で解決できるケースも多いので、ぜひ手軽なものからチャレンジしてみてくださいね。

 

制汗剤を使って汗を予防する

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

制汗剤といえば脇の汗やにおい対策で有名ですが、実は手や足にも使える制汗剤があるのをご存知ですか?
これまで、ツボを押す・深呼吸をする・ハンドタオルでひたすら拭く…などという“汗が出てから”の対処方法しかありませんでしたが、この制汗剤を使うことによって、汗を予防する“事前対策”ができるようになったのです!

 

テサランは持続力・肌への優しさ◎!

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

中でもおすすめの制汗剤は「テサラン」です。
馴染みのあるクリームタイプのテサランは安心の日本製・医薬部外品。
制汗力の高い2つの有効成分に加え、ツボクサエキスや天然ビタミンE、チャエキスなど肌を殺菌・保護してくれる成分もたっぷり配合。
それらの優れた成分によって、なんと最大72時間も持続してくれるので、手はもちろん長時間洗えない足もしっかりカバーしてくれます!
まだ市販で出回っていない通販限定の商品ではありますが【汗が出てこない安心感】をとことん追求している商品なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

>>テサラン口コミ体験レビュー!

 

 

【治療】イオントフォレーシス療法

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

皮膚科や形成外科に週に1回程通院して行う、水と電気を使った治療法です。
水道水を入れたそれぞれの容器に手と足を浸け、20分程微弱電流を流すことで水素イオンが汗腺に密着し、一定期間汗を出にくくします。
根本的な原因を解決するものではないので、計20回程の治療で一旦ストップさせて以降症状が出れば再治療するようになりますが、日常生活に支障をきたさないほど症状が緩和され、治療に満足される方もいます。
全身麻酔をするほど大掛かりなものではなく、保険も適応されるため、汗治療が初めての方はまず医師から勧められるであろう比較的手軽な治療法です。

 

【治療】ボトックス(ボツリヌトキシン)注射

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

もし通院が難しいようなら、1回の治療で短くて半年、長くて1年効果が持続すると言われているボトックス(ボツリヌトキシン)注射がおすすめです。
エクリン汗腺の働きを緩めるボトックスを打つことによって汗を抑える治療法で、1回の施術時間は5分程度。
イオントフォレーシス療法と同様、皮膚科や形成外科で受けることができます。
保険の適用は医療機関や症状の重症度によって異なるので、あらかじめ医院に電話相談をしましょう。

 

【手術】ETS手術

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

発汗を促す交感神経を切断して汗を止める、汗治療の最終手段です。
手汗や足汗に悩むことは無くなりますが「代償性発汗」と呼ばれる他の部位から汗が出る副作用が、必ずと言ってもよいほど起きてしまいます。
また副作用の症状には個人差があり、発汗が軽く「結果手術をして良かった」という方もいれば、重度の発汗でさらに悩まざるを得なくなったという方もいます。
保険適用ができる上、高額療養費制度や生命保険手術給付金などの対象にあることもあるので手術費用は10万円以内程度で抑えられますが、そうしたリスクによって手術前は入念にヒアリングを行います。

 

【薬物療法】神経遮断薬

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

全身多汗症や局所多汗症、ETS手術の代償性発汗などの抑制に作用する薬です。
作用する時間は短くはありますが、発汗に対する即効性は期待できます。
ただし、口渇・便秘・調節麻痺性視力障害など副作用が多いことから、使用に否定的な医師も多いことが事実です。

 

自律神経を整えるコツ

 

ここまででの解説で、汗対策には自律神経を整えることが最も大切であるということがよくわかったと思います。
交感神経への刺激を少なくし、副交感神経を優位にさせれば、自力で手足の汗を抑制できるという事ですね。
ここでは日常生活でできる、自律神経を整えるコツをご紹介します。

 

食生活を見直す

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

腸の働きを良くしたり腸内環境を綺麗にすると、体に負担がかかりにくくなって副交感神経が優位に…結果手汗をかきにくくすることが期待できます。
以下の食品を意識して摂取しましょう。

 

食物繊維が豊富な食べ物

→腸の中をゆっくり進むことで身体的負担がかからないため、副交感神経が高まりやすくなる
例)きくらげ・パセリ・干しひじき・ごぼう・グリンピース・モロヘイヤ

 

腸内環境を整える発酵食品

→有害な悪玉菌や老廃物を排除することで身体的ストレスが軽減し、副交感神経が高まりやすくなる
例)納豆・お味噌・キムチ・ヨーグルト・チーズ

 

リラックスできる入浴をする

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

熱々のお風呂に長時間浸かる入浴は、内臓に負担をかけて呼吸が荒くなるので、交感神経を活発化させてしまいます。
またシャワーだけで済ませてしまうのは、1日の疲れが取るせっかくの場が勿体ない!
リラックスできる入浴で自律神経を整えましょう。

 

入浴のポイント

1、食後1時間以上経ってから、且つ就寝1時間前までに入浴
2、お湯の温度は38〜40度
3、肩まで浸かれるたっぷりのお湯に15分程度浸かる

 

適度な有酸素運動をする

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

運動は眠りの質を向上させたり、食べ物の消化をスムーズにしてくれるので、心身にかかる負担・ストレスを軽減させることができます。
特に効果的とされているのが一定のリズムで行う有酸素運動。
有酸素運動は自分のペースで行うことができ、尚且つセロトニンというホルモンが多く分泌されることでより自律神経を安定させることができます。
運動に慣れていない人はウォーキングから、徐々にジョギングやサイクリングなど、無理のない程度で行いましょう。

 

睡眠の質を上げる

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

睡眠は疲労回復に最も効果的な時間です。
また副交感神経が優位になりやすい時間ですから、睡眠自体の質を上げることで手汗・足汗対策に繋がります。
毎日規則正しく7時間程度の睡眠時間を確保すること、そして寝る前のテレビ・スマホは交感神経を活発化させるので、就寝1時間前は使わないようにしましょう。

 

気にしすぎないようにすることも大切

 

手汗を止めるツボ3つ!位置・押し方を動画付きで解説 | 手汗ドライ

 

「手汗がすごいから…」「足汗がすごいから…」と気にしすぎてしまうと交感神経が刺激され余計汗をかきやすくなってしまいます。
予防+生活習慣をしっかりしていると1日中汗を気にすることなく過ごせるので、効率良く汗を止められるかもしれません!
症状を少しでも和らげるために、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

>>手汗用制汗剤おすすめランキング!