市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

 

よく行く薬局で、手汗対策コーナーを見たことがありますか?
「ハンドクリームみたいに、沢山置いてあったらいいのに」と思いますが、実際は市販で売られている商品としてそこまで定着していないのが事実です。
ただ、全く売られていないかというと、実はそうではありません。

 

ここでは巷でひっそりと売られている手汗対策アイテムを一挙ご紹介します!

 

薬局などの市販で買える手汗対策アイテム

 

薬局を始め、一部コンビニやスーパーなどでも購入することができる手汗対策アイテムを探してみました◎

 

これからご紹介する商品は全て市販で購入することができるので、思い立ったらすぐに入手することができますよ。

 

「市販品で本当に効果あるのかな?」なんて思わずに、まずは試してみましょう!

 

オドレミン

 

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

 

オドレミンは「日邦薬品株式会社」によって製造されている、発汗を抑制する製品です。

 

オドレミンは多汗症の方から支持されているだけではなく「汗をかきやすい夏場に使用している」「緊張して汗をかきやすくなるときだけ愛用している」といった、一時的な利用者が多いのも特徴です。

 

発汗が気になる部位にオドレミンを数滴垂らしてなじませることで汗腺が塞がれ、汗が出ないように作用してくれますよ◎

 

オドレミンは基本的に「全身への使用OK」となっているので、脇や手・足の裏だけではなく顔や背中など、汗がですぎてしまう部位全てにアプローチをすることが可能!

 

発汗の量や部位にはかなりの個人差が生じるため、全身に使用することができる発汗抑制アイテムをひとつ持っていればきっと重宝するはずです。

 

そして、オドレミンが発汗抑制に効果的だといわれている理由をご存知でしょうか?

 

オドレミンに配合されている「塩化アルミニウム液」という有効成分は名前の通り「塩化アルミニウムを溶かした水溶液」のことですが、実は塩化アルミニウムとは多汗症の治療として皮膚科などで処方される薬の多くに含まれている成分なんです。

 

処方される薬にも配合されてある塩化アルミニウムを含んでいるオドレミンは、処方薬と同じくらい制汗作用のある市販薬といっても決して過言ではありません!

 

オドレミンは塩化アルミニウムを配合しているため発汗抑制の期待度は高くなりますが、塩化アルミニウムによる副作用症状が引き起こされるケースも報告されています。

 

  • かゆみ
  • かぶれ
  • 湿疹

 

などは、塩化アルミニウムによる副作用症状の体表的な例です。

 

塩化アルミニウムは皮膚への刺激性が強く、濃度が高ければ高いほど副作用症状は発症しやすくなるため、乾燥肌の人やアレルギー性皮膚炎・肌が弱い方などは塩化アルミニウムの濃度が低いものを選ぶようにしましょう◎

 

ちなみに、オドレミンには「13%の塩化アルミニウム」が含まれていますよ!

 

テノール液

 

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

出典:公式サイト

 

オドレミンと肩を並べるほど名前が知られている「テノール液」も多汗症や手汗に悩んでいる方から絶大な支持を得ているアイテムです。

 

テノール液はオドレミンと比べると「より低刺激」という特徴を持っていて、肌が弱い方や皮膚疾患のある方でも比較的トラブルなく使用することができます◎

 

テノール液に含まれている塩化アルミニウムは3.9%と、オドレミン13%に比べるとはるかに低い配合率であることが分かりますよね。

 

塩化アルミニウムは発汗抑制に効果がある成分なので、その配合率が低いということは発汗抑制の効果も感じにくくなるものですが、発汗の量がそれほど多くはない人や皮膚が弱い人にとっては十分に効果を実感できることでしょう。

 

ミョウバン水

 

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

 

消臭効果も確認されているミョウバンには、実は「発汗抑制効果」も期待できるといわれていることをご存知でしょうか?

 

「ミョウバン水」と大きくパッケージに記載されている商品が多いため、薬局やスーパーなどでも簡単に見つけることができます。

 

ミョウバン水に使用されているミョウバンには「収れん作用」といって肌を引き締める作用があるとされ、古くから制汗にも用いられてきました。

 

肌(毛穴)を引き締める作用があることから、汗腺に働きかけて発汗を抑制してくれる効果も期待できるんだそうです!

 

このようにミョウバンには様々なデオドラント効果が期待されてはいるものの、日本では主に漬物の発色剤や麺のかんすいとして使用される「食品添加物」として販売されています。

 

ミョウバンを溶かして作ったミョウバン水に「消臭作用」「発汗抑制」といった効果が現れるケースもありますが、上記でご紹介した「オドレミン」「テノール液」等の塩化アルミニウムを含むアイテムに比べると、制汗効果も分かりにくくなるといえるでしょう。

 

  • 塩化アルミニウムが肌に合わない
  • より低刺激なものから試したい
  • 汗の臭いも気になる
  • とにかくコスパ重視

 

という方は、ミョウバン水から試してみても良いかもしれませんね◎

 

市販で買うことができるミョウバン水は500円程度のものが多いですが、ミョウバンは1袋100円前後で購入できるため、自宅で手作りミョウバン水を作ればより安く続けることができますよ!

 

自分でミョウバン水を作るときは「焼きミョウバン」を購入し、水と混ぜてミョウバン水の原液を作り、それを10倍ほどに薄めてから使用するのが基本です◎

 

塩化アルミニウムは病院での処方

 

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

 

「手がふやけるほどの手汗をなんとかしたい!」「手汗がひどすぎて困っている!」といった方におすすめするのは、やはり汗腺を塞いで発汗を抑制する作用のある塩化アルミニウムが配合されたアイテムを使用すること。

 

塩化アルミニウムが配合された発汗抑制アイテムの中には「オドレミン」「テノール液」といったものがありましたが、塩化アルミニウムの配合率から考えると少し物足りないという声も…。

 

それもそのはず、一般的な病院で処方される薬には「約20%」もの塩化アルミニウムが含まれているから。

 

  • 病院で処方される薬 20%
  • オドレミン 13%
  • テノール液 3.9%

 

この塩化アルミニウム配合比率を見比べてみると、明らかに病院で処方される薬に多く配合されているのが分かりますよね。

 

市販品で効果を実感できなかった方だけではなく、手汗の量がひどくて真剣に悩んでいる方は、塩化アルミニウムの配合濃度がより高い「処方薬」を試してみるのも良いでしょう◎

 

病院では発汗の度合いを詳しく診てくれることはもちろん、加えて「皮膚の状態」や「合った薬」などの提案もしてくれる場合がほとんどなので、皮膚疾患がある方や心配性の方は皮膚科や手汗に詳しいクリニックなどへの受診も検討してみると良いですね。

 

「手汗で病院へ行くなんて恥ずかしい…」と思ってしまいがちですが、1人で悩まずに第3者の意見を聞いてみることが手汗改善の第1歩につながっていくはずですよ!

 

ベビーパウダーは制汗効果なし

 

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

 

ベビーパウダーは1年中使用することができ、汗をかきやすい部位に塗っておくことで「べたつきを抑える」「サラサラ感を持続させる」なんて効果がありますが、手汗を改善させる「制汗効果」については期待できないといわれています。

 

ベビーパウダーとはそもそもコーンスターチ(トウモロコシから取れる植物デンプン)と滑石を混ぜ合わせたもので、余分な水分を吸収して放出したり皮膚表面を均一にして摩擦を防ぐ効果から、かぶれやあせも予防として使用されることが多いものです。

 

ベビーパウダーは主に「肌の弱い赤ちゃんの肌トラブルを防ぐため」のものですので、多汗症の大人が利用してもその効果を十分に発揮できるとは思えませんよね。

 

ベビーパウダーには「少量の水分なら吸収できる」という特性があるため、汗がじわりとにじむような発汗タイプには、この「余分な水分を吸収して放出する」というベビーパウダーの力が発揮されるケースもあります。

 

しかし「多汗症」だと感じるくらいの発汗量がある場合、ベビーパウダーが汗を吸収しきれず「パウダーと汗が混ざって皮膚の上でだまになる」「毛穴に詰まって皮膚トラブルになる」なんてことが多く発生してしまいます!

 

ベビーパウダーは「多汗症予防のアイテム」としては力不足ではあるものの、ベビーパウダー特有のサラサラ感は手汗で悩む方にとっては非常に魅力的であるのも事実。

 

そこでおすすめしたいのが「制汗アイテム+ベビーパウダー」の組み合わせです◎

 

発汗抑制作用のあるものを使用した「仕上げ」としてベビーパウダーを利用することで、きちんと制汗対策をしつつも「サラサラ感」を得ることができるでしょう。

 

安全性◎制汗力◎はテサラン!

 

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

 

手汗の原因は「ストレス」「病気」「不安や緊張」など人それぞれですが、共通する想いは「一刻も早く手汗を改善させたい!」ということではないでしょうか。

 

これまでお伝えしてきた「市販の制汗剤」「病院での処方箋」なども手汗対策のひとつとしておすすめできるものでしたが、最後にもうひとつの対策方法をご紹介させていただきます!

 

それは最近メディア上でも露出が目立ってきた「テサラン」という、手汗に悩む方のために開発された手汗用制汗基礎クリーム◎

 

テサランは「楽天デオドラント・制汗クリームランキング1位」「Amazon制汗ランキング1位」「Yahoo!ショッピング1位」という脅威の実力を持つ制汗剤で、多くの手汗に悩む方から支持され続けている実力派です!

 

片手にすっぽりと収まるコンパクトなチューブタイプであるにも関わらず、毎日使用しても約3ヶ月はもつというコスパの高さにも定評がありますよ。

 

テサランで制汗できる理由は、テサランに含まれる「クロルヒドロキシアルミニウム」という有効成分。

 

この成分は手汗の原因となっている汗腺を収縮・コーティングして塞ぎ、発汗させないようにする作用があると考えられています!

 

テサラン愛用者からは「もう手汗に悩まなくなった!」「スマホの操作がサクサクできる!」「異性との触れ合いを楽しめるようになった!」など、実にたくさんの声が挙がっています◎

 

テサランを利用することによって「汗がでにくい健やかな皮膚」へとつながるので、お顔のスキンケア同様にしっかりと手汗ケアにも力を入れていきましょう。

 

商品に絶対の自信があるからできる「365日の全額返金保証」がついていることも、テサランの優れた制汗作用を証明しているともいえますよね!

 

今ならセール開催中のため、破格の価格にてテサランを試すことができる絶好のチャンス。

 

  • 手汗をなんとかしたい
  • 市販の制汗剤では効果がなかった
  • 病院へ行くのは恥ずかしい
  • もう手汗で悩みたくない
  • 肌が弱い

 

という方におすすめするテサランは、安心の「日本製+医薬部外品」◎

 

今まで何をやっても効果を実感できなかった方は、ぜひ一度テサランを試してみられることをおすすめします!

 

 

>>テサラン公式サイト

 

 

手汗対策はできることから始めよう!

 

市販、薬局で買える手汗対策アイテム3つ! | 手汗ドライ

 

いかがでしたか?

 

手汗対策には「市販制汗剤を使用する」「病院へ行く」「テサランを利用する」など、様々な方法が存在していることが分かりました。

 

  • 気になった制汗剤を買ってみる
  • ミョウバン水を作ってみる
  • 手汗とストレスの関係性を調べてみる

 

など、できる範囲で今すぐに手汗対策を始めてみましょう!

 

「この手汗はもう治らないんだ…」と下を向いてしまうのではなく、自分の手汗と向き合って対策方法を模索してみてください。

 

諦めなければ、きっとあなたの手汗にもぴったりの対策方法が見つかるはずですよ◎

 

 

>>手汗制汗剤おすすめランキング