手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

手汗の原因を調べると、あちらこちらに「自律神経」という文字を見かけますよね。
でも、これまで自律神経を意識したこともなければ、自律神経が乱れていると感じたことがないので、実際にどう対処したらいいかわからない…という方も多いと思います。
ここでは自律神経による手汗対策をまとめました。

 

自律神経が手汗の原因になるのはなぜ?

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

自律神経とは「自分の意思と関係なく働く神経の総称」で、生命を維持するためにとても重要な体の機能をコントロールしている神経といわれています。

 

  • 心臓や内臓を動かす
  • 血圧や体温の調節
  • 食べ物の消化

 

といった働きは、まさに自律神経が正常に機能してくれることによって行われているといっても過言ではありません!

 

実は、手汗の原因は未だにハッキリと解明されておらず、個人の体質や遺伝・思考傾向などといった様々な要因が混ざり合って発症するものだと考えられています。

 

上記でもご紹介させていただいた自律神経ですが、一言に自律神経といっても「交感神経」と「副交感神経」の2種類に分けられていることをご存知でしょうか?

 

副交感神経は「リラックスしている状態」のときに優位になりやすく、精神や身体を落ち着かせてくれる働きがあり、このときは手汗の量も少なくなることが一般的です。

 

そして、もうひとつの交感神経は「身体を活動的にする神経」ともいわれている反面、交感神経が優位になると「急な発汗」「血圧の上昇」なども招きやすくなります。

 

本来はこの「副交感神経」と「交感神経」がバランスよく入れ替わって機能することが望ましいのですが、様々な要因によって自律神経のバランスを崩してしまっている場合、「交感神経ばかりが働いている」「副交感神経ばかり優位になっている」といった状況につながります。

 

すると体温の調節や発汗をコントロールしている自律神経の働きが狂い、手汗となって症状を発症させてしまうのです!

 

  • 手汗がでると気になってしまい、さらに手汗を招いてしまう
  • 手汗のことが常に頭から離れない

 

なんて人も、手汗に悩む人の中にはたくさんいらっしゃいますよね。

 

しかし「緊張・ストレス」といった感情は、ダイレクトに交感神経を刺激して発汗を促進させてしまうもの。

 

これらのことから、手汗の原因は自律神経のバランスが乱れることによって「交感神経が優位になりすぎている」ということが挙げられます。

 

自律神経が乱れるのはなぜ?

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

手汗の主な原因は「自律神経が乱れて発汗が促進され、それが手汗につながるから」という理由が現時点での有力説でした。

 

でも、そもそもなぜ自律神経は乱れるのでしょうか?

 

自律神経が乱れる原因としては「ストレス」「生活習慣」「食生活」など、様々な要因が重なっていると考えられています。

 

  • めまい
  • 吐き気
  • 頭痛

 

といったような症状がでているのにも関わらず、病院の検査で「異常なし!」と診断される場合、ほとんどが「自律神経失調症」と診断されます。

 

近年増加傾向にある自律神経失調症は特にストレスを抱えている人に多く発症している傾向も確認されていて、慢性化するとうつ病にもなり得るとても厄介な症状です。

 

  • 早寝早起きの習慣を身に付ける
  • ストレスを上手く発散させる
  • 適度な運動習慣をつける
  • 栄養バランスのいい食事をする

 

上記のような正しい生活習慣に加え、自律神経失調症の人に多い「ストレス」と上手く付き合っていくことが自律神経を整え、発汗を正常にコントロールするために必須といえるでしょう◎

 

自律神経失調症は病院で治せるの?

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

発汗を促進さる働きのある「交感神経」ですが、自律神経が乱れることは交感神経の異常にもつながってしまう結果に。

 

そこでここでは「自律神経失調症の治療方法」について、適している病院などの情報も合わせながら、様々な角度で探っていきたいと思います!

 

何科に行くべき?

身体に様々な症状が現れ始めている人にとって、まずは「病院へ受診をする」という選択肢が必要になってくるものです。

 

通常、体に様々な症状がでているのにも関わらず、検査で異常がみられない場合に「自律神経失調症」と診断されることが多いので、まずは「内科」もしくは「脳神経外科」へ受診をして精密検査をしてもらいましょう。

 

内科や脳神経外科で一通りの検査をし、なにも異常がなければ「心療内科」へ行くことをおすすめいたします。

 

心療内科は「精神的な問題によって身体になんらかの症状が発症している場合」に適しているもので、次のような症状が現れている場合はぜひ心療内科へ足を運んでみてください。

 

  • 内科や他の科で検査してもらったが、特に異常はみられなかった
  • ストレスを溜めやすい性格だ
  • 手汗のことを考えるだけで手汗がでてくる
  • 緊張しやすいタイプだ

 

心療内科はあくまでも「精神科での治療が不必要なレベル」であることが大前提なので、もしすでに「精神疾患」「うつ病」などを発症してしまっている場合、心療内科ではなく精神科への受診が望ましいでしょう。

 

自律神経失調症の治療方法とは?

病院で「自律神経失調症」と判断された場合、次のような治療法が行われる傾向にあります。

 

  • 生活習慣を見直し、ストレスや負担を軽減する
  • カウンセリングによる心理療法
  • アロマテラピーや音楽などを用いてリラックスを促す
  • 催眠療法によるセルフコントロール
  • 漢方の処方
  • 抗うつ剤などの処方

 

自律神経失調症とは、様々な専門機関で検査しても「異常なし」といわれることによって判断が下される病気であるため、主な治療方法は「ストレスの軽減」に関することがほとんどです。

 

それだけストレスや緊張といった感情は自律神経を乱す原因になるものなので、日頃から意識的にリラックスできる環境を整えることが自律神経失調症予防には欠かすことができません◎

 

手汗対策になる!自律神経を整える方法

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

うつ病にもつながってしまいやすい「自律神経失調症」ですが、自分で予防する方法はないのでしょうか?

 

ここでは手汗対策としてもおすすめできる、自律神経を整えるために行ってほしいことを7つ厳選してご紹介させていただきます。

 

ストレスを抱え込まない

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

なんといってもまずは「ストレスを抱え込まない」ようにすることが先決です!

 

自律神経失調症の治療方法としても定着している「ストレスの発散」は、ストレスが自律神経を乱してしまうことを裏付けているといってもいいでしょう。

 

  • 小さなことにくよくよしない
  • 過ぎてしまったことをいつまでも悩まない
  • 大きな声で叫ぶ
  • 運動をする
  • 無心になれることをする(小物作りやスポーツなど)
  • 買い物

 

など、ストレスを上手く発散させるためには「自分に合ったストレス解消方法」を見つけることがなによりも重要です。

 

神経質になりすぎない

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

「相手にどう思われているのか?」「あんなこといわなければよかった…」など、人の目が極端に気になる人は神経質になりやすい体質だといえます。

 

神経質になってしまう機会が多ければ多いほど「交感神経を刺激する場面が増える」ということなので、自律神経のバランスを崩すどころか「発汗」をも促進させてしまいます!

 

元々神経質である人に「細かいことは気にしないで!」といっても、なかなか上手く実践できないことの方が多いものではないでしょうか?

 

しかし、意識をするだけで以外と「心にブレーキ」がかかるものなので、神経質になってしまいやすい人は「どうってことない!」「死ぬわけじゃないんだから!」など気持ちを大きく持つことを心がけてみてください◎

 

規則正しい生活を送る

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

  • 夜遅くまで起きている
  • 1日1食しか食べない
  • インスタントや外食ばかり
  • 運動なんてほとんどしない

 

といった生活習慣は、かなりの確率で「自律神経の乱れ」を引き起こしてしまいます。

 

一見、自律神経と上記のような生活習慣にはなんの共通点も見当たらないものです。

 

しかし!不規則な生活を続けることで体内時計が狂った結果、「日中=交感神経優位」「夜=副交感神経優位」といった自然な自律神経のバランスが乱れ始めます。

 

それに偏った食事は「栄養不足」を引き起こして身体の様々な機能を低下させるだけではなく、インスタント食品に含まれる「食品添加物」は私たちの身体の中の栄養素を積極的に消費させてしまう恐ろしい成分です。

 

「インスタント食品をよく食べる習慣がある人は性疾患を患いやすい」とさえいわれているほどですので、食べものには特に気を使いたいところ。

 

自律神経を整えるためには「太陽リズムに合わせた生活習慣」や「栄養バランスの取れた食事」に加え、ストレス発散に大きく役立つといわれている「適度な運動」も大切でしょう。

 

適度に運動をする

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

上記でもお伝えしましたが、生活に「適度な運動」を取り入れるとなぜ自律神経が整いやすくなるのでしょうか?

 

それは運動をすることによって脳内で分泌される「セロトニン」という物質が深く関わっています。

 

セロトニンは「ジョギング」「ウォーキング」などといったリズム運動を一定時間行った場合に分泌される脳内物質で、別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

 

その名のとおり、セロトニンが分泌されることで「幸せ」を実感しやすくなるため、ストレス発散にはとても重要だとされています。

 

運動習慣を身に付けてセロトニンの分泌を高めれば、ストレスに負けない健康的な精神力につながって自律神経も整いやすくなるといえますよ◎

 

発汗を促す食事に気をつける

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

  • 唐辛子
  • 熱い食べもの
  • 酸っぱい食べもの

 

上記3つの特徴を持つ食べ物は、発汗を促進させて手汗を増加させる傾向にあります。

 

普段からこれらの食事を控えることによって、手汗の発生を最小限に抑える努力をしていきましょう!

 

漢方薬を飲む

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

中医学では、人の体を構成しているのは「気・血・水」であると考えます。

 

自律神経の乱れは「気(身体の中のエネルギー)」の不調が原因で発症するといわれているので、漢方薬を使用してその人に合った改善策を提案しています。

 

ここで、自律神経失調症に使用される代表的な漢方薬をいくつかご紹介させていただきます。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

不眠・不安・動悸・イライラなどの症状がある人に◎

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

興奮しやすかったり高血圧の人に◎

 

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

食欲不振や胃痛といった消化器関係が弱っている人に◎

 

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

不安・不眠、のどの異物感がある人に◎

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

せっかち・イライラしやすい・気分の移り変わりが激しい人や肩こりでお悩みの人に◎

 

心当たる症状があるなら、漢方薬に詳しい薬剤師さんのいる薬局等へ相談に行かれるのもいいでしょう。

 

睡眠の質を高める

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、この2つの神経はお互いに交代しながら働いています。

 

交感神経が働きときというのはだいたい「活動的になっている日中」が多く、反対に身体を落ち着かせる働きのある副交感神経は「夜〜就寝中」で優位になるものです。

 

きっと誰にでも「ぐっすりと寝たら疲れが取れた」という経験があると思いますが、これは副交感神経がしっかりと優位になったおかげで、身体の様々な器官や脳が修復された結果なんです◎

 

睡眠の質を高めることは「身体の疲れやストレスをリセットすること」に直結するため、できるだけ質のいい睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

  • 就寝時間を一定に定める
  • 22時には寝ているようにする
  • 朝日を浴びる
  • 寝室の温度を適温に調整する
  • 電気毛布はできるだけ使用しない
  • 就寝の2時間程度前にゆっくりと入浴する
  • リラックス効果のあるアロマオイルなどを利用する
  • 寝具やパジャマの素材にこだわる

 

などなど、睡眠の質を高めるためのアイデアはたくさん存在しています!

 

効率よくストレスを発散させるためにも、自律神経を整えて手汗予防につなげるためにも、もう一度自分の睡眠を見直してみてください。

 

ひどい手汗は局所性多汗症かも

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

  • 色々な対策を行っているけど、手汗が一向に治まらない
  • 手だけに尋常ではないほどの汗がでる
  • 手汗で書類がべちゃべちゃになる

 

という場合、もしかすると「局所性多汗症」という病気によって発汗が促進されているのかもしれません!

 

そもそも多汗症とは脇・背中・顔・手足など、全体的に発汗量が多いと判断された場合にくだされる病気ですが、局所的多汗症とは「手だけ」「足だけ」といったように、部分的な発汗が目立つタイプの多汗症です。

 

さらに医学的にいうと、手汗は「手掌多汗症」という正式な名前が付いている病気で、レベルが1〜3段階に分けられています。

 

レベル3以上のあまりにひどい手汗の場合は「胸腔鏡下交感神経節遮断術」といって、発汗の根本原因とされている交感神経を「切除もしくは焼く」などして働きを止める手術をすすめられるケースも!

 

「手汗がひどすぎる!」という場合は、まずは医師の判断を仰ぐために「皮膚科」「神経外科」などへ受診をするようにしましょう。

 

手汗を直接的に抑える方法

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

自律神経の乱れが大きな原因になっている手汗ですが、最近では「手汗を直接的に抑えることができる商品」が発売されています◎

 

ここでは「手汗がでなくなった!」「もう異性と手をつなぐことに躊躇しなくて済む!」といった反響の声が大きい、おすすめの制汗剤をご紹介させていただきます。

 

手汗制汗剤を使う

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

「自分でできる手汗ケア商品」として絶大な人気を誇っているのは、「楽天デオドラント・制汗クリームランキング1位」「Amazon制汗ランキング1位」「Yahoo!ショッピング1位」という実力を持つ手汗用制汗剤の「テサラン」です◎

 

テサランは「医薬部外品」「低刺激」「国産品」といった品質のよさが魅力的な制汗剤であるだけではなく、なんと「1日1回の使用」で驚くべき効果が期待される本格制汗剤!

 

多汗症の治療薬としても使用されるほど強力な制汗作用を持つ「塩化アルミニウム」という物質をご存知でしょうか?

 

塩化アルミニウムは市販の制汗剤の多くに使用されているメジャーな物質ではありますが、いかんせん「肌刺激が強い」というデメリットから使用者を選んでしまうといいます。

 

テサランはそんな刺激性のある塩化アルミニウムの完全排除に着目し、代わりとなる「クロルヒドロキシアルミニウム」という有効成分で肌にかかる負担を徹底的に考慮している商品。

 

低刺激だからこそ「長く使用することができる」ので、継続利用し続けることによって「汗がでにくい健やかな皮膚」へと導いてくれますよ。

 

そして、クロルヒドロキシアルミニウムはただ肌に優しいだけではなく、手汗の原因となっている汗腺を収縮・コーティングして塞ぎ、汗をださないように導いてくれるという優れた働きを持ち合わせています。

 

  • 片手にすっぽりと収まるコンパクトなチューブタイプ
  • 手汗用クリームとは思えないシンプルな外観

 

「使用する人がストレスなく継続してもらえるように」という配慮から、愛用者は女性だけではなく「思春期の学生」や「男性」など幅広くいらっしゃいます。

 

また、コンパクトな見た目とは反対に「毎日使用しても約3ヶ月はもつ」というコスパの高さにも定評がありますよ!

 

その他にも、商品に絶対の自信があるからこそできる「365日の全額返金保証」や「限定特別割引」といった嬉しい制度や今だからこそゲットできるキャンペーンが盛りだくさん。

 

  • 市販の制汗剤では効果がなかった
  • 病院へ行くのは恥ずかしい
  • 肌が弱くて市販の制汗剤が使用できない
  • 一刻も早く手汗をなんとかしたい

 

という方におすすめするテサランは「制汗・抗菌・消臭作用のある天然成分」を贅沢に配合しているので、「今までなにをしても効果がでなかった!」という人の強い味方になってくれることでしょう。

 

>>テサラン公式サイト

 

 

手汗に悩まない明るい生活を送ろう

 

手汗の原因が自律神経?結論何をすべきか【まとめ】 | 手汗ドライ

 

いかがでしたでしょうか?

 

手汗を直接抑える働きのある制汗剤を使用しつつ、ぜひ今回ご紹介させていただいた「自律神経の整え方」も実践してみてください!

 

きっと努力の向こうには明るい未来がまっているはずですよ◎

 

 

>>手汗制汗剤おすすめランキング