冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

「極度の冷え性なのに手から異常に汗をかく…」
キンキンに冷えているのに手汗は出るなんて、なんだか違和感がありますよね。
暑くもないのに(むしろ寒いのに)手汗をかくのはなぜでしょう?

 

…実は結論から言うと、冷え性「なのに」手汗をかくのではなく、冷え性「だから」手汗をかくのです。
つまり、冷え性は手汗をかきやすいという事。
こちらでは、その冷え性と手汗の密接な関係についてお話しします。

 

冷え性でも手汗をかく原因

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

手足が極端に冷たく、靴下をたくさん履いても一向に温まらないなんて冷え症さんも少なくありません。

 

冷えきった手足に加えて「大量の汗」が発生してしまったのでは、身体的にも精神的にも追いつめられてしまうものですよね。

 

一体、手汗と冷え症にはどのような関係性があるのでしょうか?さっそく詳しくご紹介させていただきます!

 

冷え自体の原因が自律神経の乱れだから

一般的な冷え症の原因として挙げられているのは「冷暖房の使い過ぎ」「ストレス」「運動不足」「冷たいものの飲みすぎ食べすぎ」などといわれていますが、これらの原因をよくよく深掘りしてみると、そのほとんどが「自律神経を乱す」ことにつながっているんです。

 

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つに分けられ、それぞれが全く異なった働きをしているもの。

 

交感神経

身体を活動的にする神経で、日中に優位になる。ストレスや緊張を感じると刺激され、発汗促進作用がある。

 

副交感神経

身体を落ち着かせる神経で、夜に優位になる。リラックスしている状態だと優位になりやすく、様々な細胞の修復を助ける働きがある。
本来、この交感神経と副交感神経は時間差で交互に入れ替わりながら身体の様々な機能をサポートしていますが、様々な生活環境や心理状態の影響を受けて自律神経のバランスが崩れる「冷え症」につながってしまいます。

 

そもそも「冷え症」とは、手や足などの末端に血液が運ばれなくなるために冷えてしまうものですが、交感神経が優位になりすぎてしまうと脳や心臓といった身体の「中心部」に血流が集められ、反対に身体の末端は血行が悪くなります。

 

これが「自律神経の乱れと冷え症の関係性」である以上、交感神経が優位になりすぎないように自律神経のバランスを整えることが大切だといえるでしょう◎

 

代謝が悪く、変な汗をかきやすいから

よく「手汗をかくのは代謝がいいからだ」という風に思われる人も多いので、ここでは代謝と発汗についてご説明させていただきますね。

 

まず「代謝」とは、生体内で起こる全ての「化学反応」の総称を指しています。

 

代謝機能が整っていると、体内に取り入れられたエネルギーを「活動するためのエネルギー」「身体の構成に必要な物質へ合成する」という、生命の維持に欠かすことのできない各要素に変換してくれます。

 

しかし代謝が悪くなってくると、基本的な体内リズムも狂いがちになってしまうもの。

 

  • 運動しているときに汗はでず、なんでもないときに異常な発汗が起こる
  • 急に体が熱くなり、汗がどっとでる

 

上記のような発汗はしばしば「変な汗」とも呼ばれていて、これは代謝が悪いことで身体の機能が正常に機能しない結果、発汗をコントロールしている自律神経のバランスも乱れてしまうことによって引き起こされます。

 

服の締め付けで体温調節しにくくなっているから

冷え症の代表的な原因として挙げられているものがもうひとつ、それは「きつい服による締め付け」です。

 

近年では「スキニーパンツ」や「補正下着」といった締め付け感の強い服が人気を集めていますが、服の締め付けによって血液の循環が妨げられるので冷え症を招きやすくなると考えられています!

 

血流が悪くなってくると、自分で体温をコントロールする「体温調節機能」も次第に低くなっていくもの。

 

体温調節が上手くできないと「自律神経失調症」にもつながってしまう恐れがあるので、冷え症であればできるだけゆったりとした暖い服を着用したいですね。

 

冷え性にあう手汗対策

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

冷え症と自律神経の乱れにはとても深い関係性がありましたね!

 

そこでここでは、手汗を抑えるための冷え性対策としておすすめできるものを4つご紹介させていただきます。

 

大きな体温変化をなくす

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

手汗の原因となるのは「自律神経の乱れ」「交感神経が優位になりすぎている」ということなので、まずは根本的な「自律神経」の乱れを改善させてあげましょう◎

 

冷え性の人は季節関係なく「常に手足が冷たい」という場合がほとんどだと思いますが、特に冬場の冷えは別格ではありませんか?

 

冬場に冷えが強まる理由はもちろん「外気温が冷たいから」という理由もありますが、実は「外と家の中の温度差」によって自律神経が乱れてしまうことも要因のひとつとして挙げられているんです。

 

「外は寒いのに、室内は暖房器具のお陰でポカポカに暖められている。」

 

この環境こそが自律神経を乱し、異常な手汗を引き起こしている原因といっても大げさではありません。

 

冬場はこういった環境が自然と整ってしまうものなので、できるだけ「外と中の温度変化をなくす」「暖房の使用は最低限にする」といった対策を打っていきましょう!

 

また体温調整機能を向上させるためには「部屋全体を暖める」のではなく、身体の冷たい部分を「局部的に温める」といった方法が最適です。

 

エアコンの使用はなるべく控え、代わりに「コタツ」「小さなハロゲンヒーター」などを使用してみてはいかがでしょうか?

 

汗をかいたら早めに拭き取る

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

これは基本中の基本ですが、汗をかいたらできるだけ早めに拭き取ることが大切です。

 

汗をかいたまま放置してしまうと、細菌が汗をエサに繁殖して「臭いニオイ」「痒み」などにつながるだけではなく、汗が冷えてよけいに身体を冷やしてしまうものです!

 

手汗をかいた場合、すぐにタオルや紙などで拭き取ることはもちろん、身体にかいた汗も早めに拭き取る・着替えるといった対策が必要ですよ!

 

生活習慣を見直す

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

  • ストレス
  • 緊張
  • 不規則な生活習慣
  • 栄養バランスの取れていない食事
  • 運動不足

 

これらは全て「自律神経のバランスを乱す」もしくは「手汗の原因になる」と考えられている生活習慣です。

 

冷え症と手汗の原因には、これほどまでに共通している要因があるということが、両者の関係性の深さを物語っているようですよね!

 

何度もお伝えしているとおり、冷え症を改善させて手汗の発症を抑制するためにも、まずは「自律神経のバランスを整えていくこと」が重要になってくるはずです。

 

「適度な運動」「ストレスの発散」に加え、規則正しい生活習慣を心がけて良質な睡眠時間を確保し、できるだけインスタント食品に頼らない食事を続けていきましょう◎

 

そうすれば次第に自律神経のバランスも整い、冷え症や手汗にもいい影響を与えてくれることでしょう。

 

手汗用制汗剤で予防する

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

手汗に悩む人の多くが使用した経験を持つという「汗を抑える商品」が存在していることをご存知でしょうか?

 

薬局やスーパーにも置かれていることが多い「オドレミン」「テノール液」「ミョウバン水」といった制汗剤には、汗の発生源である「汗腺」を収縮させて発汗を抑制するという働きがあると考えられています。

 

しかしこれらの制汗剤は「脇」「背中」といった部分への作用が高く、手や足への効果はそれほど期待できないというのが現実なんだそう…。

 

そこでおすすめしたいのが「手汗のためだけに開発された」という、手汗専用制汗剤の使用です◎

 

手汗用制汗剤は第一に「手汗を抑えるため」に研究・開発が行われているという、手汗に悩む人にとっては願ってもない商品だといえるでしょう。

 

手汗用制汗剤の多くは市販では販売されていないので、インターネットを通して購入する必要があります。

 

冷え性の私が手放せないテサラン

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

手汗の原因は「ストレス」「冷え」「自律神経の乱れ」「不安や緊張」など人それぞれですが、共通する想いは「一刻も早く手汗を改善させたい!」ということではないでしょうか。

 

先ほどちらっとご紹介させていただいた「手汗用制汗剤」でおすすめなのは、なんといっても「テサラン」という商品です◎

 

テサランは「楽天デオドラント・制汗クリームランキング1位」「Amazon制汗ランキング1位」「Yahoo!ショッピング1位」という実力を持つ制汗剤で、多くの手汗に悩む人から支持され続けています。

 

テサランは伸びのいいクリームタイプなのにべたつかず、手汗に悩んでいる人でも心地よく使用できるところが特徴的!

 

そしてテサランに含まれる「クロルヒドロキシアルミニウム」という有効成分ですが、手汗の原因となっている汗腺を収縮・コーティングして塞ぎ発汗させないようにする作用があるので、真剣に手汗を改善させたいと思っている人にも最適です◎

 

  • 1日1回の使用でOK
  • 安心の日本製
  • 効果が期待できる医薬部外品
  • 敏感肌でも使える低刺激処方
  • 外見はほとんどハンドクリーム

 

など、テサランは使用する人の気持ちをとことん追求して作られた本格手汗用制汗剤!

 

「今まで色々な商品を試してみたけど、効果がなかった…」「病院で処方された薬は強すぎて手が荒れてしまった!」という人からも定評のあるテサランは、今なら特別キャンペーン実施中。

 

まとめて購入すれば大幅な値下げが適応されるだけではなく、テサランには「365日の全額返金保証」という、商品に絶対の自信があるからできる制度も設けられています◎

 

  • 手汗をなんとかしたい
  • 市販の制汗剤では効果がなかった
  • 病院へ行くのは恥ずかしい
  • もう手汗で悩みたくない
  • 肌が弱い

 

といった悩みから、一刻も早く解放されたくはありませんか?

 

テサラン愛用者からは「もう手汗に悩まなくなった!」「スマホの操作がサクサクできる!」「異性との触れ合いを楽しめるようになった!」など、実にたくさんの声が挙がっていますよ◎

 

テサランを利用することによって「汗がでにくい健やかな皮膚」へとつながるので、冷え症対策と合わせてしっかりと手汗ケアにも力を入れていきましょう。

 

 

>>テサラン公式サイト

 

 

冷えにも手汗にも悩まない体に!

 

冷え性なのに手汗をかくのはなぜ?原因と3つの対策 | 手汗ドライ

 

手汗の原因は「自律神経の乱れ」冷えの原因も「自律神経の乱れ」…となると、必然的に目指す方向は同じになりますよね!

 

まずは基本的な生活習慣や食事・運動・ストレスの発散などを意識して日々を過ごしていきましょう。

 

ちなみに「適度な運動」は冷え性対策・手汗改善のために、とても効果的だということをご存知でしたか?

 

運動することによって血流が促進されるともちろん「冷え症改善」へとつながるものですが、特筆すべきは運動することによって分泌される「脳内ホルモン」なんです。

 

リズム運動を一定時間続けると、脳から「セロトニン」という物質が分泌されますが、これは精神を安定させたり幸せな気分にしてくれるといったホルモン。

 

別名「幸せホルモン」とも呼ばれているセロトニンは、分泌量が多いほどストレスの緩和にも役立つと考えられているほどです!

 

適度な運動を取り入れてストレスを上手く発散させることは、自律神経のバランスを整えて冷え症や手汗の改善や予防に効果が期待できるといえるでしょう◎

 

  • ジョギング
  • ランニング
  • エアロバイク
  • 水泳

 

などなど…自分に合った運動方法を見つけ、ぜひ日々の生活に取り入れてみてくださいね!

 

 

>>手汗制汗剤おすすめランキング